〜新年のご挨拶〜
三鷹市東部地区住民協議会 会長
苗村 深

 明けましておめでとうございます。
 謹んで新春のお喜びを申し上げます。

 三鷹市東部地区住民協議会は、創立より41年が経過しました。これもひとえに地域の皆様の温かいご支援、ご協力の賜と厚く御礼申し上げます。
 今年は、三鷹市制施行70周年を迎える年となり、さまざまな行事・事業が予定されております。当住民協議会でも、記念の事業を企画しようとしております。
 また、夏には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、去年のラグビーワールドカップ同様の盛り上がりが期待されます。
 東部地区は、他の地域と同様に高齢化に伴うさまざまな課題が山積みする一方、高山小学校区域を中心に、幼児・小学生の急激な増加への対策が急がれております。これは住みやすい街としての多摩東部地域の共通の課題でもありますが、将来の日本を背負っていく子どもたちの、健全な発育、成長のための環境づくりは、地域の大切な役わりと考えております。
 また、防災・減災、公助・共助、社会福祉設備・制度の行き届いた街づくり、様々な文化・スポーツ、それらの拠点としての、東部地区住民協議会・牟礼コミュニティ・センターの運営を目指します。
 今年の干支は「子」、私は6回目の年男になります。「子」は干支の先頭を歩む年、そしてうるう年、一日多いこの年を有効に活用し、有意義な年にしていきたいと思っております。
 委員一同、「ONE TEAM」で、皆様に喜んでいただけますよう頑張ってまいります。
 今後とも、住民協議会の活動にご支援ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。




0